もやもやして気になる水生生物と飼育のしらべ

もやパンダのアクアリウム

魚・熱帯魚

サメを丸呑み殺人魚「ゴリアテ・グルーパー」の恐怖!

更新日:

世界にはまだまだ不思議な生き物がたくさんいますが、幻の怪魚がフロリダにいます。その名は絶滅寸前の「ゴライアス・グルーパー」。またの名を、「ゴリアテ・グルーパー」。思わず「何だコレ!?」と叫びたくなるようなミステリーがそこにはあります。

 

スポンサード リンク

フロリダ州の海に潜む「ゴライアス・グルーパー」の恐怖


ぬぉー!?サメを丸呑みする恐怖の魚いるパラー!!

 

 


この魚は、ゴリアテ・グルーパーだよん!ゴライアス・グルーパーとも殺人巨大怪魚とも呼ばれているよん!ゴライアスグルーパーは、太平洋と大西洋に生息する巨大なハタで、大きさは1.8メートル、重量は450キロを超えるものもいるよん!

 


すっごくおっきい~☆彡このお魚にのって世界一周できるじゃない☆彡

 


50年近く生きて、繁殖期だけフロリダ近海に集結するよん!

 

ゴリアテ・グルーパーの乱獲

1950年代に、フロリダで橋から海に飛び込んで遊んでいた少年がゴリアテ・グルーパーによって食べ殺されたという報道があります。ハタの仲間は獲物を丸飲みにする性質があるため、巨大な個体の場合は人間を飲み込んでしまうこともあります。

 

フロリダでは1980年代に資源が一気に減りました。そのため、1990年から2006年まで全面禁漁を実施した結果、ようやく娯楽釣りに許可がおりたのです。しかし、リリース&船に上げるのも禁止を徹底させることが条件。その結果、種の保存に繋がりゴリアテ・グルーパーの生息数は回復しました。

 

船に乗せることができないため、釣った後は船の上から手を伸ばして器具を使い針を外すか、人が海の中に入り針やサイズを測る必要があります。

 

 


人間もサメにも驚かないパラ。近づいたら食べられる危険な魚パラ・・・。

 

まとめ

ゴリアテ・グルーパーの堂々したその姿はサメさえも恐怖を感じて近づかないほど。世界にはまだまだ知られてない魚がたくさんいます。

スポンサード リンク

注目記事

1

夏になると海水浴を楽しむ人達で海は賑やかになります。しかしこの時期になると海の中は危険がいっぱい!そう”クラゲ”です。クラゲは毒を持っているため、時には人の命も奪ってしまうことがあります。しかし、一方 ...

2

アクア用品は値段が張るものが多いです。そこで100円均一ショップで探したり、ホームセンターで代用品を見つける人も多いのではないでしょうか?手元にあると便利な100円グッズ・アイテムを見てみましょう。 ...

3

夏になると水温が上昇します。南極には魚がいますが、45度を超える温泉には微生物はいても魚は見当たりません。魚は30度を超えると黄色信号になり、エビ系はレッドゾーンに突入します。   水温が上 ...

4

ネオンテトラは、1匹40円~と安価に購入が可能であり体も丈夫なことから初心者向けにお勧めされている熱帯魚です。熱帯魚の代名詞とも言われるネオンテトラですが、飼育方法を見ていきましょう。   ...

5

金魚や熱帯魚、川魚などに白いもやもやふわふわしたものが付いていることがあります。この正体とは何なのでしょうか?   魚に付く白いふわふわした水カビ 魚に白いふわふわしたものが付くみたいパラ ...

-魚・熱帯魚

Copyright© もやパンダのアクアリウム , 2018 All Rights Reserved.